語学系の勉強法について①

語学系の勉強法について①

大学受験において、

英語

古文(+漢文)

の勉強法は非常にシンプルだと思います。

 

まずそもそも何故この3教科なのかというと、

これらは学問というよりも、

語学だからです。

 

語学の勉強のポイントは

リスニング

音読

をひたすら繰り返すことです。

(細かい文法は後で構いません)

 

修得したいと思っている言語に

どれだけの時間、

その言語の世界に浸かったか(使ったの誤字ではありません)

が重要です。

   

コツは、

まず日本語訳を読んでしまうことです。

 

その後、日本語訳と原文を照らし合わせ

理解が出来るまで丁寧に精読します。

 

精読が終わったら、

リスニングCDを使いながら、

シャドーイングor自分のみで音読

をひたすら繰り返します。

 

※ちなみに古文や漢文はリスニング教材を入手しづらいので、

音読を中心にやりましょう。

   

一応、これらの学習の前に最低限の文法や構文の理解は必要ですが、

文法や構文は、音読教材と並行してやるくらいでもいいです。

 

英文法に関しては

「くもんの中学英文法」を確認しておきましょう。

この教材は隅から隅までチェックしてください。

 

構文はZ会さんの出している

「英語構文101」が秀逸だと感じます。

 

復習のペースや1日に必要な時間、

そして何より重要である読むときの、

「とあるポイント」については

次回に記載しようと思います。

(続きます)