大学受験のための勉強法!志望校に合格するための効率の良い勉強法やポイント

大学受験のための勉強法!志望校に合格するための効率の良い勉強法やポイント

大学受験のための勉強法!志望校に合格するための効率の良い勉強法やポイント

大学受験の準備はできるだけ早く始めることが、志望校に合格するためには重要です。しかし、何から始めればいいのかわからないし、ましてや志望校すら決まっていないという高校生もいるのではないでしょうか?この記事では、大学受験を成功させるための効率の良い勉強法やポイントについて解説しています。ぜひ、参考にしてください。

志望校を絞り込む

大学受験の準備は目標を定めることから始めます。目標を設定せずにただ勉強しても、それは受験のための勉強法とはいえません。大学を決めると、学ぶべき科目も決まりますし、出題傾向や形式に合わせた勉強もできるようになります。つまり、志望校に合格するという明確なゴールを定めて勉強することが、大学受験ではとても重要なのです。しかし、まだそこまでは絞れないという高校生も多いと思うので、少なくとも「文系」か「理系」か、「国公立大学」か「私立大学」かなど、だいたいの進路を絞り込みましょう。もちろん、特定の大学の学部・学科まで絞り込めれば理想的ですが、これだけでも重視して学習すべき科目ははっきりするはずです。

現状の学力を知る

志望校、もしくはだいたいの進路が絞り込めたら、現在の学力を知るために模試を受けてみましょう。志望校に合格するために必要な学力と、自分の現在の学力を比較し、その差を知ると、これから何をすればいいのか、課題がはっきりします。

模試は、受験勉強をスタートしてからも、学力の確認のために必ず定期的に受けることが大切です。本番の雰囲気に慣れるという意味でも模試はとても役立ちます。

大学を目指す受験勉強はできるだけ早くスタート

大学受験のための勉強はいつからスタートすればいいのか?

これはいつの時代でも語られることですが、答えもいつもいっしょです。大学を目指す受験勉強は、早く始めるに越したことはありません。しかし、部活動や習い事も重要なアクティビティです。バランスを考えながら、できれば高校1年、2年の段階で志望校を見据えた受験勉強を始めることが望まれます。

受験勉強を効率よく進めるための勉強法とポイント

模試で自分の現在地を知ったら、目標に至るための計画を立てましょう。しかし、高校生活はなかなか忙しいもの。案外、学習に費やせる時間は少ないのです。そこで重要になるのが効率です。

学校の授業に予習・復習をして臨む

受験勉強の初期段階では、学校での授業に予習をして臨み、さらに復習することにより基礎的な学力を強化しましょう。

苦手から逃げない

受験勉強の初期段階から苦手科目の克服にしっかり取り組むことも重要です。苦手科目を放置してしまうと、いざ受験というときになってからつらい思いをすることになります。また、苦手な単元がある場合も、集中的に問題に取り組みましょう。すでにできることをたくさん勉強するよりも、苦手な問題を多くこなしたほうが効果的な対策になりますし、自信にもなります。

勉強を習慣に

本来なら高校に入る前に勉強を習慣化しておくことが望ましいのですが、もちろん、高校に入ってからでも遅くはありません。毎日、勉強をスケジュールに組み込んで習慣づけてしまえば、勉強を続けることは苦になりません。

空き時間を有効に使う

意外に忙しい高校生活。受験の時期はいつの間にかやってきます。その中で志望校合格を見据えて学習を進めていくには、空き時間を有効に使うことが重要です。通学の電車内はもちろんのこと、食事の前後にもちょっとした空き時間は見つけられます。暗記物は特にこのような空き時間に行うと効果的です。

まとめ

忙しい高校生活を送りながら大学を目指すには、効率よく勉強することが重要です。ご紹介したポイントを押さえて、効率よく志望校を目指しましょう。