歴史・暗記系科目の勉強法①

歴史・暗記系科目の勉強法①

続いて社会系の科目の勉強法について書きます。

 

暗記系のどの科目にも言えることですが、

実は、暗記から始めないことが最重要です。

 

むしろ暗記から始めると多くの人が挫折したり、

点数につながらないまま終わります。

 

何故かというと、

試験本番では問題という形で知識が問われる性質上、

暗記すべき項目や知識はある程度決まっているのですが、

それを意識せずに、

とりあえず満遍なく一通り覚えていこう…

とやってしまうと、

学習に濃淡がつきません。

 

結果、覚えるべき内容が、本来必要な分よりも非常に多くなってしまっている

というケースがざらです。

特に真面目な人や完璧主義の人は注意してください。

 

具体的な勉強法の流れとしては、

①映像や漫画などで流れやイメージを掴む

②副読本(もしくは教科書)でもう少し詳細を掴む

③過去問や問題集を使って、実際に問題に触れる←これが非常に重要です

④メイン教材(出来れば教科書)へ問題を解くのに必要な知識等を書き込む

⑤メイン教材を覚える

 

といったような順番で学習を進めましょう。

以下、具体的に記載していきます。

 

①映像や漫画などで流れやイメージを掴む:

映像ですが、youtubeなどで解説してくださっている

講義形式を好きなように見るのでも構いませんが、

日本史・世界史の場合は『web玉塾』の動画を強く推薦します。

 

アニメーションなのでわかりやすく、

短時間でまとまっていて、印象的で覚えやすくなるような工夫が満載です。

作成されている玉先生は、明らかに教える天才だと思います。

 

漫画が家や図書館にある場合はそれも利用しましょう。

受験教材として上下巻にまとまった教材もあるので、

これもかなり良いと思います。

隙間時間などの学習にも活用しましょう。

 

続いて②副読本(もしくは教科書)でもう少し詳細を掴む:

副読本としては、

『金谷のなぜと流れが分かる本』

もしくは、少し古いですが、

『超速日本史シリーズ』

が良いと思います。

 

両方とも非常にわかりやすい説明で、

教科書を読む前の事前知識として最適です。

ここまでで一通りの流れはつかめたと思います。

 

③過去問や問題集を使って、実際に問題に触れる:

何度も延べていますが、このタイミングで問題を解きましょう。

共通テストの場合は、過去問をガンガンやってください。

ちなみに、見た瞬間にわかる問題は解けばいいのですが、

この時点ではまだまだ分かる問題の方が少ないと思いますので、

基本的に問題は解かなくて構いません。

   

最初から解説を読んで、

解説をメイン教材に書き込んだり、

必要な知識にマーカーを引いていきます。

 

メイン教材は教科書が良いと思います。

 

金谷先生の他の本など、

メイン教材になり得そうな教材が市販で出ていますが、

社会系科目の場合、

使いこんだ際の見返りが大きいのは、教科書になると言わざるを得ません。

  

大学受験の場合、結局は教科書を元に作成されていることが多いので、

尚更教科書をお勧めします。

 

このメイン教材に、必要な知識を集約していきます。

 

共通テストは一定年度の過去問をこなしていくと、

出るところが大体一緒なことに気づくと思います。

 

あくまで入学テストであるという性質上、

覚えるべきところは大体決まっているという事ですね。

 

次回に続きます。